ホーム>新古車>新古車について

新古車について

●新古車とは

走行距離が100km未満程度の車で、実際には使用されていない中古車のこと。

オークションでは、新車とほぼ同様の新古車を安く買えるのが ひとつのメリットです。

走行距離0kmのメーター画像

新古車購入のメリット

●メリットその1・・・走行距離が100km未満

実質新車の車を安く買うことができます。冒頭で紹介したように、車の状態は、実質新車と同様であるにもかかわらず、中古車として扱われる為、安く購入できます。

●メリットその2・・・重量税が不要

新古車は、登録が済んでおり中古車扱いとなる為、重量税が必要ありません。 重量税が必要となるのは、新規登録時及び車検時の次回までの金額を前納しますので車検が 残っている中古車は、購入時に納税の必要はありません。

●メリットその3・・・取得税が安い

取得税は、課税対象額が新車と中古車では異なり、中古車扱いである新古車は安くなります。

●メリットその4・・・自賠責保険の負担が無い

すでに発行されていますので、自賠責保険の負担がかかりません。

購入比較 新車 新古車 差額(お得度)
トヨタ アルファードG
 3000 MX Lエディション
319万円 266万円 53万円
日産セレナ ハイウェイスター 240万円 200万円 40万円
ホンダ オデッセイ アブソルート 278万円 214万円 64万円
ダイハツ タント L 105万円 81万円 24万円
スズキ ワゴンR
 FX−Sリミテッド
107万円 85万円 22万円
スバル レガシィワゴン
 2.0I Bスポーツ
234万円 158万円 76万円